FC2ブログ
2019. 11. 09  
  染まる秋柿の実朱く光おり 
        落ちる木の葉の色なお愉し

20191108_083258.jpg

晴天が続き、気温も15℃以下になりそうです・・・やっと干し柿づくりに取り掛かれました。
20191109_101933.jpg甲州百目柿の皮を剥いて・・・硫黄で燻して(殺菌)、紐を付けて吊るして干します。
干し柿を作ろう! 動画 これは小さい柿を使っています~小さい柿の方が乾燥が早く楽に仕上がる。

動画ではヘタはハサミで取っていますが、食事用のナイフの方が簡単で、できるだけヘタを小さくします。
皮を剥くときは、先ず、ヘタの周りを包丁でグルっと剥き、それから皮むきで剥くとやりやすいです。

夕方近く、やっと吊るし終わりました。
20191109_154747.jpg 自然災害で柿も不作です~無事に枯露柿に完成してくれることを祈っています。(^O^)/
NEXT Entry
冬の近場の山
NEW Topics
花の四月
欧州二つの国:貧困層の悲劇
東京の街の記録2
花に雪、もう一つの東京
東京の街の記録
Comment
No title
こんばんは。

干し柿の季節ですねー。
暦では立冬を過ぎましたが。。。
私の中では、干し柿作りは、晩秋のイメージです。
熊本は、気温が高く、いつも12月に入ってすぐ干し柿作っていましたが。。
昨年の12月は雨が多く、上手くできませんでした。
そこで、今年は先週ぐらいから少しづつ収穫しては干し柿作っています。
乾燥した日が続き上手くできていますヨ!
硫黄を使っていらっしゃいますね。
母も、燻すのに硫黄を使っていました!
透き通った綺麗な干柿が出来ますよねー。
今年は、硫黄使ってみるかな?!
Re: No title
アグリ乙女様

こんばんは。
朝晩寒くなったものの、まだ霜が無く、干し柿には良くない状態です。
そのうち北海道が干し柿の本場になるね!・・・と、
硫黄を使わないと、干し柿づくりは出来なくなりました。
山梨の渋柿は大きく、1個が4~500グラムあるので、硫黄なしでの乾燥は難しいです。


> こんばんは。
>
> 干し柿の季節ですねー。
> 暦では立冬を過ぎましたが。。。
> 私の中では、干し柿作りは、晩秋のイメージです。
> 熊本は、気温が高く、いつも12月に入ってすぐ干し柿作っていましたが。。
> 昨年の12月は雨が多く、上手くできませんでした。
> そこで、今年は先週ぐらいから少しづつ収穫しては干し柿作っています。
> 乾燥した日が続き上手くできていますヨ!
> 硫黄を使っていらっしゃいますね。
> 母も、燻すのに硫黄を使っていました!
> 透き通った綺麗な干柿が出来ますよねー。
> 今年は、硫黄使ってみるかな?!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR