FC2ブログ
2019. 04. 20  
ピーポグリ~♪
この大きな鳴き声が、最初は何の鳥の声か判らなかった。
朝の5時頃、近くで盛んに鳴いている・・・4月上旬の朝の日々のこと

  数日後、あの鳴き声はあの子(雉の雄の中雛)だよ!・・・と
    それから又、「顔を上に、胸を反らせて鳴いたョ。」 と言う。
    インターネットで調べても、そのようなことは載っていない
    結婚時期のオスのケ~ン、ケ~ンだけである。


そして、19日の夕方に、又あのピーポグリ~♪が聞こえたので、慌てて茂みの下を覗くと、、、顔をキリッと天に向け胸をそらして鳴く、中雛のオス雉が居ました。
今まであの鳴き声は木の上からとばかり思っていて~私は、目にすることが出来なかったのです。命が輝いていました。

 大人になっていく過程で、仲間を呼ぶのか?縄張りを主張し始めたのか?・・・強く逞しい鳴き声に感動します。
足を痛めて弱々しい姿で現れ、夫から餌を貰い・・・弟の中ヒナの雉と、旅立ったと思ったら、一日置いた夕暮れに、一羽で戻ってきました。
旅立ちの2・3日前から、。♪ピーポグリ~♪が早朝に聞かれるようになって、人ならば元服(16歳)の時期になったのですね。
茂みの中にいる時間はほとんどなくなりました~いつ何時、もう姿を見せなくなるか?覚悟を
姿が見えれば餌を置きに行くは、もっと寂しくなるかなぁ~。
すっかり逞しいオス雉になって~冬から初夏には庭に姿を見せに来てくれるだろう♡ピーポグリ~♪はケ~ン・ケ~ンになって。

輝くみどり、豊かな水に育まれる肥沃な大地、人も鳥も
めに、毎日費やす時間とは?">エチオピア、13歳のアイシャ 彼女が水汲みのために、毎日費やす時間とは?・・・このまばゆい新緑はどんなに幸せな贈り物か~ピーポグリ~♬
結局、夜まで待っていたが戻らない・・・二人して「お別れに来たんだね。」と、
日本の鳥百科・雉

4月21日(日)朝7時頃、脚を怪我した方の一羽は戻り~夫から餌を貰い〰夕方二もまた来て食べていたと言う・
 「お腹が大分空いていたようだよ。」と、穴化が空いて食べる物が確保できない時は、やってくるのかしら
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
茅が岳・深田祭
NEW Topics
竜門峡ハイキング
登拝修行の山行き準備
犬と登山
いのち
御所山から登る千頭星山・甘利山
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR