FC2ブログ
2019. 04. 21  
△ 朝の早い登山は苦手‥・出来れば7時過ぎに自宅出発は有難いのだが~午後の深田祭参加もあり、6時少し過ぎに家を出ることになった。。。4月に入る前から、5時起床の夏時間に慣れるよう訓練もした"(-""-)"。茅が岳ブログで読む限り、かなりキツイようです。


  ~~~雲外蒼天~~~
本当に登りがきつい山、ストックを持って行ったのは正解だった〰下りでも役に立った。
石ころの多い登山道に難渋するが、その後の登りはキツイ傾斜が長く続き、途中の岩場の登りはストックは危険で使えない。
8;00集合、参加者12名の自己紹介、軽い準備体操の後8;08分登山開始
傾斜がきつくなった頃、体力も経験も抜群のHさん(50歳代)が荷物を持つから重いもの出して!と声を掛けてくださるので~即座に弁当、緊急用飲料水・エネルギーチャージ、救助用スリングやテープなどをお預けして(#^.^#)大助かりで、やっとの思いで登り続ける。
女岩付近は水場もあり、水分が多いせいか綺麗な花が、あちらこちらに群生して咲いていた。
20190421_094051.jpg
ハシリドコロ(走野老、莨菪、Scopolia japonica)は、ナス科ハシリドコロ属の草本。 別名、キチガイイモ、キチガイナスビ、オニヒルグサヤと呼ばれ、神経性の毒性あり。

深田久弥急逝の地の記念碑に黙祷を捧げ、岩の急坂をもうひと登り、

こんなに苦しい山登りはもう金輪際したくない。・・・と、今日も心は曇天のままに~死人のごとく山頂にたどり着いたのは10時30分。流石だ!深田久弥がこよなく愛した茅が岳は、南に富士山、西に南アルプスの素晴らしい山並みが雪を輝かせ、北には八ヶ岳・赤岳が一際悠然と、北東には少し雪が白く残る金峰山を望む~♡心は曇天から一気に晴天へと躍り出て~耀く。(^O^)/

12:30下山、深田記念公園で深田祭に出席、献花の際に登山の安全をお願いして来ました。(^0_0^)
深田久弥まつり

会場のなっている深田公園は韮崎市の理解で公園が整備され≪深田久弥の記念碑≫が建てられ。「百の頂に百の喜びがある」と 刻まれている。
式典には韮崎市長はじめ久弥氏のご長男、出身地の山岳会、地元の山岳会など関係者が集まり~美しい式典が行われました

 プラスチックが野生生物へ及ぼす害や人の健康への潜在的影響などを評価するための科学的研究はまだ始まったばかりだ。今年発表された研究では、水深1万メートル以上の深海に生息する生物の消化管内からプラスチック片が発見された。また、マイクロプラスチックは世界各地の水道水から検出されている他、南極大陸の最果てでも見つかっている。
研究チームは西欧で最も手付かずの自然が残る場所の一つと長年考えられていた地域で、微粒子濃度を個別に測定するために2種類の監視装置を使用した。
風、雪、雨などで運ばれたサンプルは、標高1500メートル以上にあるベルナドゥーズ(Bernadouze)の測候所で収集された。
 分析の結果、マイクロプラスチック汚染物質の濃度がパリや中国南部の工業都市・東莞(Dongguan)などの大都市で検出される濃度と同水準であることが明らかになり、研究チームは衝撃を受けた。

現に、公園のすぐ脇は、太陽光発電のパネルで山肌が覆いつくされ~その景観は悲惨でもあり、台風時などの山崩れの要因とハッキリ判る様子を呈している。
恐らく、深田久弥氏も、自然の変わりゆくさまを嘆き、未来の地球を案じておられることだろう。

トレッキングシューズのお薦めは

 山岳救助隊が注意を呼びかけるポイントは3つです。まず1つ目は『最低限の装備』。日中と日没の寒暖差が大きいため、余分に上着や手袋、トレッキングシューズなどを持っていきましょう。

 2つ目は、「引き返す勇気を」です。山の日没時間は平地よりも早く、暗くなるのも早くなります。これから日が長くなるためついつい山に長居…なんてことは要注意です。時間に余裕を持って下山を心掛けましょう。

 そして3つ目は、「登山アプリの活用」です。山の中で、電波の圏外にいても、GPSで位置情報が分かるスマホのアプリがあります。もし道に迷ったという時、警察に自分の場所を正確に伝えることができるためスマートフォンにダウンロードしておくと便利です。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
✖あってはならぬこと
NEW Topics
竜門峡ハイキング
登拝修行の山行き準備
犬と登山
いのち
御所山から登る千頭星山・甘利山
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR