2017. 11. 07  
イギリス女王筆頭に・・・
大手法律事務所「アップルビー」などから流出した膨大な「パラダイス文書」には、英国のエリザベス女王といった数々の著名人や、米アップル社など世界的に事業を展開する多国籍企業の名が載っていた。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の取材で、タックスヘイブン(租税回避地)での経済活動の一端が明らかになった。(疋田多揚、軽部理人)…多くの慈善団体もその中に

★世界中のお金も善意の支援金も其の一部はこうした 金の亡者の層 に渡り、タックスヘイブンで眠っている。


権力の猛者の層が引き起こす戦争に於いては・・・徴兵される若者にも困窮する市民たちは皆、彼らの消耗品として遇される。

韓国は日本の軍事協力は望まない…むろん戦争回避、NO WARではあるが、日本に対する不信感と憎しみが大きい。

第二次世界大戦は財閥(政商)の欲望に引きずられた軍部が暴走して、天皇を説き伏せ、勃発に至ったものと思う/一般市民の意志はそこに無かったと。
しかし、韓国民は日本国民に憎しみを向けている。

トランプ大統領はハワイの演説では、≪真珠湾を思い起こせ!≫と叫び・・・そして日本では、日本との友好関係は宝物だと!
米国民に日本を決して許すなという本音を露呈した口で、日本との友好は宝=兵器を多量に売りつける先であり、いつでも大金を要求できる国…本音は良く判ります。
しかし日本は≪原爆を決して許さない!≫とは言わない。
トランプ氏と直接対談した横田恵さんの母でさえ≪戦争は一番悪い事!≫と、思っても言えない。言わない国民なのです。

中国民も≪英のアヘン戦争を決して忘れるな!≫とは口にしないが、その憎しみは計り知れないし、日本の満州侵略も決して忘れてはいないだろう。
黒人は彼らの受けたこの世の最悪の、長き歴史的受難をどう消化できているのだろうか?

 アジアの小国はスクラムを組んで巨大国の圧力を防がなくては~、その理想は憎しみの遥か先にある。
善良な国民が引き起こした戦争ではない・・・国の権力者や政商によって引き起こされた戦争の憎しみを、それぞれの国で微力な人々が背負って生きているのは哀れでならない。

第二次大戦終結後の世界を混乱へと動かすのは、武器および軍事産業に関わる政商★。
そしてその利益の誘惑に動かされる★により実行される~過程に於いて国民の意識は緩やかな大河のように少しづつ流れを誘導されながら・・・戦争へと導かれる。
殊にアメリカ経済は一般貿易は更なる赤字になりつつあり、産業の収益低下の現状では経済活性は戦争商法=武器製造販売に頼らなければ、消費大国は立ち行かない。
アメリカ的民主主義は消費ありき(地道な生産のない)偏った民主国家・・・果てしなく他国から貪らねば成り立たない。

最近の日本もアメリカ的民主主義が定着して~国内産業の衰退が著しい(政策責任)しかし、日本に貪り獲れる他国は、無いですよ!

戦争を引き起こした張本人や、これから引き起こそうとする一握りの輩(英国女王はじめ)は、天国(タックスヘイブン)で涼しい顔をしているこれからもそうであるに違いない。。。戦争の利をタックスヘブンに蓄えて。

各国の善良な貧しい庶民に~憎しみが蓄えられる~戦争はもうこれ以上嫌です~NO!と叫びたい。 
アメリカの貿易赤字の原因
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
十月のバレエ
NEW Topics
11月のバレエ
急な冷え込み、冬来る
希望
冬対策(エネルギー問題)
十月のバレエ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR