2017. 08. 26  
我が家では主力の果樹(桃とプラム)がすっかり収穫を終えて、今は梨、プルーンの収穫時期・・・僅か一二本の木なので友人に少し送って残りは自宅用。
あとは柿や🍎林檎が樹に残るだけで~ただひたすらに雑草が生い茂っている。その伸び具合は凄く、だいぶ歩行困難な草原に変貌していて。。。夕方は蚊が多く草刈りもままならぬ、昼は暑い!些か困っている。
・・・ムスタン程の高地ならば、草はほとんど伸びないのだろうと~申し訳ない羨ましさを感じてしまうが、それは甘い考えです。

【第6章】果物づくりの本領(魔術師のくだものづくり)
ドンバ村という小さな集落に。国の払い下げの土地を地元の青年たちは夢を託し、ネパール国最大のリンゴ園を始めたのです。開園時は国王が農業大臣を伴い視察に訪れるほどの期待と、彼らの全財産と両翼を注ぎ込んで・・・しかし5年たっても成果は上がらず苦境にあえいでいる時に、近藤亨氏の存在を知り助けを求めて来た。

近藤氏はリンゴ園を観て、成木の本数の多さや施設の規模に・・・これは遣り甲斐がある、自分の技術があればネパール一番のリンゴ園に出来る!・・・そう思い、地元の青年を数名雇い、先ずは摘果から始めたと。
現地の方々は、たわわに実が着いている枝から、リンゴの実をドサドサ地面に落としていく近藤氏の作業を観て仰天したと。

・・・果樹栽培ではほとんどが、相当数を摘果(良い実だけ残し、ほとんどの実を枝から取り除く)は必要なのです、桃に至っては20分の一程度しか枝に残しません・・・そうしないと大きく美味しい実になりません。

そして初めて収穫できた林檎は〰カトマンズ空港で人気となり、ゴールデンデリシャスはその香りと美味しさに忽ちに有名になったようです。裕福な家庭では厳寒の冬の間、親戚縁者を頼って温かい都市へ移る為、土産のリンゴとして空港でよく売れるのだそうです=貧しい人は玄関に耐えムスタンで過ごします。
そして冬は、どの果実も剪定作業の季節です。
私も冬の剪定は北風に手先が冷たくなりながら、高い脚立の上で枝を切り落とす作業をしています。。。がチベットの、高地のこと、その作業の厳しさ辛さがどれ程のものか…私には判りません。

しかし現地の青年は純情で~近藤氏の指導の元、熱き思いで厳寒の農地での剪定作業を成し遂げたばかりか、一か月も経たぬ間に近藤氏の技術を習得してしまったのです。(私は桃の剪定技術習得に2年=冬2回を費やしました)
それまでのリンゴの木は枝が伸び放題で剪定という作業はしていなかった・・・大きな🍎美味しい🍏に成らない筈です。果樹全てに剪定作業(込み合った枝を切り、どの枝度の実にも太陽光が行き渡るようにする)はとても重要なのです。

そして、この現地の青年の熱い思いと老人・近藤氏の息の合った働きは、遠くマルファの国立園芸試験場のスタッフをも刺激し、剪定を教えてほしいという人達が集まり〰予定以上の速さで厳寒の地の剪定作業が終えることができた…このことは近藤氏ご自身『至誠天に通ず』と感銘を受けたと記されています。

天は自ら助けるものを助ける・・・この格言が亨氏も、それ以上に現地の青年たちにも、何事にも代えがたい尊い財産となった。とこの章は結ばれています。

寒さの中、北風に晒されての農作業の辛さは~経験した者でなければ判らぬが、日本(私)では想像もできないチベットの高地、話だけで目が眩む想いです。

リンゴ栽培
🍏はアブラムシ・カイガラムシに気を付けると比較的栽培しやすい果物です。庭木としてお花も可憐で楽しめます🍎我が家にも3本あり、うち一本は料理用(アップルパイやジュース・ジャム)の甘酸っぱい林檎です。
林檎、苗の剪定
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
今日はなんとか平和だった(明日は?)
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR