2017. 08. 18  
DSC09899 (2)
・・・・・いそがしい夏、終わったね!

プラム太陽の収穫が終盤になった。
どれもこれも甘く熟している実に~懐かしいコクワガタ夫妻の姿を見つけた。

今年の夏はとうとうオオクワガタにお目に掛るとこはなかった。
数年前にはかなりの数のオオクワガタが、桃が美味しいよ!としがみ付いていた。15・6年前には群衆でクワガタムシが楽しむ楽園であったのだが。。。。
・・・とうとう、今年はコクワガタの一組のご夫妻だけ。

寂しい~。しかし、会えたことは嬉しい。
たっぷり食べなさい!~~~そう声をかけるとコクワガタは逃げようともせずプラムにしがみついて
周囲の実をもぎ取って、コクワガタの食事中のプラムの実といくつかの実を彼らの為に残して収穫を終える。
DSC09640 (3)
   ↑コクワガタ(2010年撮影)
★2010年の夏 過去記事★・・・にはまだ沢山の大クワガタがいた。(赤筋カメムシはフェンネルの茂みに今年も健在です)
DSC09383 (3)
    ↑クワガタのご夫婦(2010年撮影)

下の枝に20個ばかり残した太陽の実は、まだ色づきが十分ではないプルーンの色づきを待ち一緒に贈る、プルーン好き友がいる。
梨の早い品種はもう甘く美味しくなっている・・・・8月17日。
 🍑私の育てた果物を喜んでくれる人がいる幸福🍑

生まれたばかりの蝉の子供が、干してある夫のズボンに止ってむずむずと動いている~心配になったがそのままにしておくと、しばらく後、見に行ってみるともう蝉の子はいなかった~

あんなに沢山の仲間と一緒を楽しむ昆虫がいた頃と違い、極偶に見かける孤独な彼らは本当に愛おしい~

2017年夏の自然災害はひどかった~九州、北陸、東北では記録的な豪雨による洪水被害に見舞われ、大規模土石流で人命が失われたり、集落が壊滅する災害もあった。
幸い山梨県は自然災害にも合うことなく、農家は予定通りの収穫ができ収益が確保された=本当に感謝。
葡萄農家さんも8月のお盆前にかなりの葡萄を出荷できたとのことで、まずまず💛

    さあ、これから秋に向って果樹園の片付けと草刈!
    お礼の肥料も果樹たちにプレゼントしなければ!

★2010年の夏 過去記事★
NEXT Entry
8月のバレエ(後半・発表会)
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR