2017. 08. 19  
■8月14日(月)
婆が~バーレッスンの時、先生から『お腹がたるんでる』とのご忠告…そうなのよね、70過ぎてますますお腹周りの皮下脂肪が気になる~スッキリ締まらない、筋トレが効かない(´・Д・)」

☆彡しかし、パンシェの終わった直後に先生から~Oさんパンシェをしてみて!~と、なんと、留学中の生徒さんもいるというのに、お手本でビックリ! …何でも全体のフォルムが美しいのだとか?(嬉しいですね)
★アントラッセ、、、蹴り出す脚は低めで、後ろ足を高く、上体はまっすぐ上にを意識して良いアントラッセができていたと思う。
しかし、グランジュテは、蹴り上げた足をさらに強く前方に出し腰を回転(状態は正面のまま)後脚アチチュードをシャープに!・・・これは今後の課題。

・・・今日のレッスンで思ったことは、若い(10代後半の)生徒さんは魅力的!確かにバレエそのものの乙女達だ。
その中で70歳から今後10年~周りと比べれば凹むことばかり、(普通はネ)しかし、そこを変えて人生を送るのが素敵というもの。
~老いたればこそ人生凹まず、素敵にしよう(^^♪
その為に、8月の残りはお腹を何とかしよう!
ロパートキナ バヤディール 。。。理想のお腹。。。

■8月18日(金)
今日のお腹はだいぶマシになって、スッキリ・・・先生からのご忠告はなく( ^)o(^ )~これからも体は鍛え続けて、スタイルだけは努力で保てるのだから~頑張らねば!

注意された事:
①Armsが緩む・・・肩甲骨の下を張り肘を意識して〰を忘れた為!習慣付けなければ。
 腕の動きをコントロ-ルする起点は肩甲骨、腕の動きの前に肩甲骨をしかるべき形、位置に据えたうえで腕を動かす。。。と腕の動きが美しくなる。
②フラッペ
脚戻した時、軸脚はもちろん、動足もきっちり股関節をアンディオール=殿筋を働かせて!厳しく使って楽をしない、そしてレッスン後は丁寧に筋肉マッサージをしてほぐしておく。
今日はね・・・かけ離れた最年長者の私が(生徒は10代から)アラベスクの形が綺麗と見本にさせられてしまった?
バレエはどの角度から見ても美しい形を求められる~自分をデッサンする事、と超名ダンサー(例えばロパートキナなど)をデッサンする事が良いのかも。。。手足の長さなど差し引く調整をしながら(笑)

  20日はいよいよ発表会(私は今年は不参加)客席から楽しみます。



大きな白鳥

完璧な四羽の白鳥

オペラ座の大きな白鳥

オペラ座 swanlake
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
バレエは辞められない
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR