2017. 08. 13  
素敵なリハーサルの動画・・・勉強のための!
衣装づくり

◆8月7日(月)
横浜から最上級クラスの生徒さんが来なかったので、少し落ち着いたクラスで助かった。
と云うのも、前回は最上級者ばかりが多く、内容もそれに合わせたものであったから~一月休みの私にはとても難しく、動きを確認する余地もないクラスだったのだ。。。いつもの大人クラスとは雲泥の差で~参った。

しかし今日はゆとりがあった( ^)o(^ )
1)軸足の中殿筋を意識し、正確に軸足を活用できたこと=◎
 ・・・ピルエットの回転finishで軸をキープ・更に上にの実感がある。
2)理解できない動きを質問し、確認し、完成する努力をしたこと=◎
  ・・・足を高く上げるときは(1)と同時に足と対角上の腕の活用が大事=特に大きな回転では

注意を受けた事
1)アラスゴン(横)、ドゥヴァン(前)に脚を高く上げる際、悪い癖=腹筋を使わないため背中が後ろへ傾く。
  …意識すれば綺麗に正しくできる、みぞおち意識の問題。
2)アラベスクの時の首のライン=顎下から耳後ろのラインをシャープにする意識を忘れていた。

💛ウォーミングアップを兼ねたトレーニングで、今日は新米教師〰💛優ちゃんのご指導
足指のトレーニングは素晴らしくためになった。日課にしたい。
💛ジャンプでは足指を凄く伸ばし、お尻の下を上に!・・脚の後ろ側を長く使うとアドバイス。
★★以上の注意の他、アントラッセやグランジュテで後ろ足の蹴り上げと空中キープを来週は意識したい。

■8月11日(金曜日)祝日・山の日とあって電車は混雑
💛先週の問題点:まだ十分とは言えないが意識したことで向上している。
💛ジャンプも悪くはなかった
★★みぞおちを引っ込めてbodyを長く、薄く使うことが・・・できていなかった。これをきちんとしないと老人体形になるよ!・・・と自分を戒めるのでした
★★片足プリエの時、お尻の筋肉が有効に働いたままに保つことが、ジャンプの高さ強さになる。また、腿の蹴り上げスピードはジャンプのスピードに繋がる=trainingを老化速度に見合う以上にすべし

■8月13日(日)明日のレッスンを前にお盆中とあって、ゆっくり動画で勉強

言語能力では『スピーキングとリスニングは「脳内」では別物です!』・・・( ^ω^)・・・らしいのだが、バレエに於いても同じことが、
観ているだけでは上手くならない!
同じ形をまねる、その為に分析も骨組みの理解も必要だし~繰り返しの修練は必須だし。
ただ真似ていても仕方がないが、聞くだけ観るだけよりはマシか何事も・・・。

ロパートキナのオデット
ロパートキナ swan lake
引退公演

男性:Top 5 Male Dancers

★Viktoria Tereshkina   ★リハーサル

ユリア・マハリナ Юлии Махалиной  
バレリーナの理想~生身の女性としての肉体美を持つ★マハリナ 機能の体だけでは魅力に欠ける★★コーチングはいかに体ラインを美しく見せるか!

フェッテ・・・いよいよ挑戦しよう

ロパートキナ swan lake
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
脳と習慣化
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR