2017. 08. 03  
DSC00923 (2)

先にも触れたが…宿無しの三毛猫 ミーちゃんのその後

毎日見かけるミーちゃん・・・必ずおチビちゃんも一緒だ
餌の事も気にかかる・・・しか、し市販のcat'sフードは気高く野生に生きようとするミーちゃんには好ましくないと思う。

いろいろな悩んだ挙句~週に数回、生魚を 柿の葉に乗せて、家から離れた場所に置いてあげよう。
お水は、草むらの多い我が家の庭では、朝露から美味しい水が摂取できるはず。

…そう思っているランチタイムに
食卓の向こうの草むらが、風もないのに大きく揺れて・・・怪訝に窓越しに眺めていると、なんと、トカゲなのか野ネズミなのか判らぬが、口に咥えたたミーちゃんが悠然とウッドデッキの前を歩いて~姿を消した。

・・・昨日こっそり置いたお魚も食べたかしら?
親子猫がどうやら暮らしていけそうで、ほっとする。

気高く自立するミーちゃんの暮らしに手を貸す必要はなさそうだ。
  ・・・・我々老夫婦の方が、うまく暮らせないかもしれないよ?

この辺りは、殊に我が家の周囲は草むらが多く、トカゲは兎も角としても野ネズミもいて、野ネズミは増えてほしくない。
ミーちゃんはそんな環境の維持に役立ってくれているのだろう。

遠くからこの親子を見守って~癒されている。
・・・レディーが生きていたら、きっと寄せ付けないだろう。。。
DSC00166 (2)
…見張りの居なくなった庭、今は猫にとっては楽園らしい。






この庭で繰り広げられる小動物の暮らしぶりは、豊かでほほえましく好ましい。
カメムシやらカマキリやらも競って生き生きと暮らしている。

人間社会の恐ろしさを彼らが、彼女らが知ったら~何というのだろう? 
そんな恐ろしさを知らぬ者達は~本当に幸せ

★闇の世界
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
8月のバレエ
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR