2017. 04. 10  
(=゚ω゚)ノ4月6日~美術観賞を目的に上野へ行く。
孫娘と合流してゆっくりとした宿で一泊した後、公園内の美術館巡りの予定で~

さくら咲く中を・・・先ずは浅草に出て夫がこだわりの駒形どじょうどじょう鍋でランチ!
美味しいのでビールも≪どぜう鍋≫も追加して~二人でどじょう鍋3人前を堪能した(@_@;)!

  ~~~お宿は、花見でごった返す上野公園を通り抜け
水月ホテル鷗外荘
敷地内に明治の文豪・森鷗外の旧居を保存しております。
森鷗外の旧居・・・一般的なホテルにはないレトロな静かなお宿。夕食の京懐石も私のような老人にはしっくりくる。・・・何より喧しい国からの観光客は皆無なのが、本当に有難く、貴重なお宿。
鴎外荘には、一般的にホテルに置かれる新約聖書ではなく、≪和英対照 仏教経典≫が置かれていて、興味があったので出版社を見ると仏教伝道協会(tel 03ー3798ー2758)。いずれ読んでみたい。


そして、長年東京に暮らしながら、上野公園の花見の宴を観たのは初めてのことでした。驚くばかりの万国人の集まる大宴会場~ヾ(・∀・)ノ吃驚

翌日は満開の桜並木の下を歩き、先ずは西洋美術館
特別展示も観たが~常設展は圧巻で~やっぱり見ごたえがある。
そして心に浸みるミカエル・アンカーの鉛筆素描の表現の豊かさ鋭さ深さに感動して、本を購入してきた(自身の鉛筆画や素描の参考に)。
Skagen an Artists Colony in Denmarkを紹介しているブログがある。・・・今までは知らなかった素晴らしい画家の存在に心躍る~上野でした。

IMG_7293.jpg
IMG_7279.jpg

☆うら若き孫娘が爺。婆と一緒に旅してくれる幸せ
☆上野で京懐石をゆったり戴けた幸せな時
☆さりげなく日本の良さをしっとり楽しめる宿の幸せ
☆良い美術館を持てる幸福な国に住む幸せ
。沢山の桜の花と幸せに浸れました

写真はUPできません。
新しいパソコン…どう使ったら?写真はどうしたら? ( ̄^ ̄)ゞ
浅草見物と金つばを買う~!  ことはできませんでしたが、これは又別の機会に!

明治36年創業の「徳太樓」。浅草寺から「雷5656会館」近くにお店を構える老舗和菓子店です。店名の「徳」は、初代の生家が徳川家との関係が深かったことに、「太樓」は、初代の修業先が老舗和菓子店「榮太樓總本鋪」の流れをくむお店だったことに由来する、由緒ある和菓子店です。徳太樓といえば「きんつば」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。徳太樓名物きんつばもさることながら、夏場であれば水羊羹や葛ざくらもぜひご賞味いただきたい逸品です。いずれのお菓子も、丁寧に炊かれた自家製餡が主役。艶やかな潰し餡がぎっしりと詰まったきんつばに用いられるのは、北海道産のあずき。そのあずきを煮て灰汁を抜き、よく晒してできた餡はあずきの香りが真っ直ぐに感じられる仕上がりに。1個135円(税込)・6個箱入920円(税込)~と、お値段もお手頃。////きんつば

浅草観光マップ
駒形どじょうウナギはどこでも食べられますが、どじょうは!

Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2017プラム受粉記録
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR