2017. 03. 09  
DSC03416.jpg  
市報の三月号に≪枇杷のクリーム作り≫の募集が載っていた。
早速申し込んだのよ~♪~当日が愉しみ。

と云うのも、寒中に摘んだ枇杷の葉を細かく切り、35℃の焼酎に漬けて≪枇杷の葉エキス≫を作っている。
是は我が家の特効薬で~~~愛犬の顎の癌(獣医の診断)もこれと食事で完治した。
私自身も加齢によるアレルギー体質のここ数年、医師の薬に頼っていたが根本的な改善はない、副作用も心配なので、枇杷の葉エキスを薄めて使った結果~澄みきった青空が広がって・・・ヽ(^。^)ノ・・・痒みを感じたら塗っている
・・・そんなことから、これからの老後に使用する化粧水、クリーム、入浴剤など=枇杷の葉の力にすがろうと言う訳!

早速(3月5日)枇杷の葉を摘み、一枚一枚水で洗って~乾燥中。
DSC03751.jpg
水分が切れたら~
  A:細かく切ってから良く乾燥させ、粉茶にする
  B:乾燥後紙袋に保存、適当に砕いて煮出して使う



枇杷の葉エキス
枇杷の葉の効能
2お家でびわを育てた場合
1 完熟したびわの葉を軽く水洗いし、水気を切ったら、葉を適度な大きさに刻み、天日干しをして乾燥させます。
2 乾燥させたら、ミキサーで撹拌して粉状にしてください。
エキスの作り方

灯台もと暗しというのはこのことで・・・長い間、不快な痒みに悩まされ、混み合う病院の皮膚科を頼ってたのだが(。>ω<。)・・・気が付けば解消の明かりは我が庭に灯る。
幸いなことに我が家の裏庭に立派に育った枇杷の木がある。DSC03415.jpg花の開花時1月撮影
デトックス効果の高い~綺麗な身体を作る樹、農薬を掛けず安全に育てている。

乾燥3日目の葉
DSC03754.jpg
     若い時と違い自分から向き合わないと
     老人体質になれば健康維持できない

■もう一つの灯台もと暗し!
なんとなく気分がすぐれない~不眠~イライラ~やる気が出ない。(´・Д・)」。そんな時、腸のご機嫌は如何でしょう~?
大抵が腸を快適にすれば改善される!

「脳腸相関」という言葉をご存知でしょうか?「腸」と「脳」、一見、関係ないようなふたつの器官ですが、実は密接なつながりがあります。
これまでの研究によって、腸は消化吸収のためだけの器官ではなく、人間の体における最も大きな免疫系組織であり、多くの神経系・内分泌系組織が集まっていることがわかっています。そのため、腸は「第二の脳」とも呼ばれているのです。また、物事や状況を判断する「脳」は、実は「腸」を動かすために生まれた神経細胞が進化したものと言われています。そして、脳と腸は相互にメッセージを伝え合い影響しあう関係にあり、この関係を「脳腸相関」といいます。たとえば、脳がストレスを感じると腸の動きが変化して便秘や下痢になることがあります。反対に腸の調子が良くなることで脳がリラックスしてぐっすり眠れることもあります。
つまり、腸内環境を整えることでストレスを改善できる可能性があるのです。

ストレスに負けない心と体を作るには?

ストレスが不眠やお腹の症状に関係していることがお分かりいただけたと思います。
それでは、ストレスに負けない心と体を作るにはどのような工夫をすればよいのでしょうか?
日常生活に取り入れやすいストレス対策をいくつかピックアップしました。
★毎日、体を動かす
運動にはネガティブな気分を発散させたり、心と体をリラックスさせて睡眠リズムを整える作用があります。効果的なのは、ランニングやサイクリング、ダンスなどの有酸素運動ですが、それらはハードルが高いと感じる方は、体がぽかぽかして、汗ばんでくる20分程の散歩でも効果があります。1日にたくさんやるのではなく、継続することが大切です。
★笑ってみる(考え方を変える)
笑いは心を軽やかにして、辛い日々を乗りこえる力をつけてくれます。失敗した時も自分を責めるのではなく、失敗を認めて自分を笑い飛ばしましょう。笑うことで、バランスのよい物の見方と、広い視野がだんだんと身についてくるのです。なによりも、笑うことは周りの人とリラックスした関係を築くうえで、とても役に立ちます。
★お腹に手を当てて腹式呼吸をする(深呼吸・下腹部をマッサージしながら楽しい事を想像する)
不安や緊張が強くなると、運動をしているわけでもないのに、呼吸が浅くなり、心臓の鼓動も速くなります。そんな時には、腹式呼吸をしましょう。3秒数えながら息を口からゆっくりと吐き出し、同じように3秒を数えながら鼻から息を吸い込みます。

また、「脳腸相関」を通じて腸から脳に働きかけることも、ストレスケアにつながります。ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維を多く含む整腸効果のある食べ物を摂ることが効果的と言われています。

できるだけ負担にならない自分なりの解消法を見つけて、無理のないストレスケアをすることが大切です。毎日の生活習慣を整え、バランスの取れた食事や良質の睡眠、適度な運動の習慣を維持することが、ストレスと付き合うための健康の基礎固めになります。

・・・と、言われていますが~老人になると腸の働きも著しく低下して万病のもとになりかねない。
腸が生き生きしていれば認知症も遠ざかりますし。

■びわの葉のその効果効能は、挙げだしたらキリがありません。
風邪予防、血圧調整、≪♪整腸作用≫、痛み止め、殺菌作用、花粉症、アトピーをはじめとした様々なアレルギー疾患に加え、なんとガンにも効果を発揮するのではないかと言われています。
・・・枇杷の葉採取を又あすも続行です。(*^_^*)
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
今年のガーデニング
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR