2017. 10. 14  
秋の彼岸過ぎに夫の両親の墓参りに行きたいと計画を立てたのは春の彼岸の頃の事

DSC03798.jpg
夫の古稀の記念に贈った≪夫婦で入るお墓の永代使用許可証≫(少し早目でしたが春の彼岸の大安の日に渡したのです
夫は意外な贈り物に大変関心を持って≪安心して老後の旅行も楽しめる、良く考えた贈り物だ!≫とビールを安心して美味しく飲んでいましたねェ~。私もホッとしました。
そして、
夫が70歳のお誕生日を迎えたら・・・行きたい所。
 夫の両親の墓参りに・・・岐阜県へ!

愛犬がまだ若く元気な時に~犬と一緒に泊まれるホテルを探して行ったのが最後で、それからしばらく(犬が老人になってしまったので)行ってはいない。
岐阜へ行ったら~大垣駅から両親の生まれ育った養老を抜けて桑名まで走る≪養老鉄道≫に乗って三重県まで出てみたい。

そして、行ってきました。
幸い天気にも恵まれ 行きは甲府駅から身延線急行を利用
富士川に沿って身延山→清水港→静岡・・・山間の美しいゆったりとした川の流れと、海を眺めて。

本当に久しぶりのお墓参りができたことは嬉しい限り。
   我が家の家族の様子も報告して・・・・。
両親が生まれ育った地域を通る養老鉄道(赤い電車)に乗っての黄色に色づく田園風景の中を桑名に向かう。
初めての桑名の街は とても良かった。
ホテルのスタッフもきめ細やかで親切、居酒屋の料理も人も良かった!またゆっくり滞在したいのんびりとした街。

初めて参拝できた~伊勢神宮(月並みだけれど、日本の国のこと、家族一人一人の事を、特に海外で暮らす息子の無事と活躍を祈る)
その広さに圧倒され、五十鈴川の厳かな清き流れ、深い森林の中に玉砂利の広い参道がどこまでも伸び、五十鈴川に架かる橋の大和の国の技術の凄さ、鳥居の柱の見事さ~さらに神殿の厳かなこと、ただただ日の本の国の源=内宮・天照大神を参ることができた喜びがあり・・・神様に照らされて30度を超す10月の夏日でした。

そして、名古屋に出て宿泊(ホテルも味気なく、名古屋の名物味噌串カツなど味が濃くって、、、これからは他の街に泊まろう!
しかし夫が幼少期を過ごした大須観音や熱田神宮を回ったのは良い思い出の塗り直し。
熱田神宮の門前の評判のうなぎ屋(蓬莱)1時間半並び・・・がっかりの味(いつも行く初花温泉のウナギは美味しいと、夫と二人再確認)

帰路は木曽路の山の中・・・・名古屋~塩尻は、恵那峡・中津川渓谷で知られる美しい木曽川の渓谷に沿っての列車の旅。
途中の木曽福島で登山姿の人が数十人乗り込んだのを観ると~良い登山コースが有るのだろうと興味が湧く。
紅葉が始まっている木曽路は美しく良かったです。

///お墓参りを兼ねて~体が動けるうちに、どんどん旅に出なければ(笑)…でもやっぱり我が家は良い、眠りの深さと質が違う

   コンニャクに旅のご馳走託す朝
旅行中の食事は野菜と果物が不足して、お肉・お魚ばかりが多く(。>ω<。)ノ・・・早速コンニャクと果物どっさり ♪(^-^)/!

養老線時刻表



道路地図
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
美術館(行ってみたい)
NEW Topics
美術館(行ってみたい)
お墓参りに行こう
10月のフィールドミュージアムウォーク
10月1日選挙
9月のバレエ(白鳥)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR