FC2ブログ
2010. 05. 06  
DSC08639 (3)

 花の3月~お花見の4月を経て新緑が香る5月と

   お客様はひっきりなし 懐かしい友人や 大好きな孫達家族

     それに伴って 可愛いペット達と忙しい愉快な生活ですね

おもてなしは 畑や庭で採れる季節の野菜や山菜などのお料理と

    チキンハーブやミートローフ、ローストチキンなどが多いですが

 お持ち帰りのお土産も手造りの・・・・プレゼントです!

DSC08652 (2) 美味しい鮭を戴いた息子家族にも DSC08635 (3)

DSC08587 (3) 水曜日のピアノレッスンには 先生にクネッケを!

DSC08466 (2) 河口湖のホテルに納品は、ダイエットにこのパンをお土産に。
DSC08464 (2)

 そして子供の日のお客様には 豪華に甘いドイツパンを
DSC08740 (2)
Stollenシュトレン(シュトーレン)と言うドイツのお菓子のようにちょっと甘いパン
仕上げは砂糖をコーティングしますが これはまだしないうちに味見ですね。

作り方は 又、ご紹介いたします 日を置くほど美味しくなるパンです。






2010. 04. 29  
美味しいクネッケをご紹介しますね

一般的にはライ麦粉で作りますが 香ばしくほんのり甘いモロコシ粉noクネッケ!
DSC08575 (3)

用意するもの
材料
*小麦粉(協力粉を使いました)120g

*モロコシ粉 (甲州もろこし粉を使いました)120g

*胡麻 大匙 2   *粉チーズ 大匙2  (好みで他の材料でも良い)
        フルーツの庭では自家製果物を手作りしたドライフルーツですよ!
*塩 小匙 0.5    *ペーキングパウダー 小匙 1(入れなくても良い)

*水 又は牛乳  熱湯を用意する

・・・・・・では 平たく伸ばすので麺棒も用意して・・・・・・・・・・・

①モロコシ粉は蓋の出来るボールに入れ 熱湯を掛け箸でざっと混ぜ蓋をして20分置く
DSC08554 (2) 蒸らす間 他の材料を用意

②小麦粉に 塩、ベーキングパウダーを加え袋に入れ揺さぶりよく混ぜておく
  (より香ばしいクネッケを作る場合は 小麦粉の量を50gまで好みで減らすと良い)

③生地に混ぜ込むゴマなど用意する。 ドライフルーツやナッツは出来るだけ細かくする。
DSC08560 (3)DSC08561 (3)
 注)ドライフルーツは 写真より細かくした方が良いです

④モロコシ粉に②の小麦粉を加え 牛乳(水)を加えながら捏ねる
 硬さ加減は 手から生地がはがしやすく纏まる程度

 生地を 二つに分けて Aにはゴマを Bには粉チーズを加えよく混ぜる
DSC08566 (2) 写真を拡大して見てください DSC08567 (2)

この続きは 昼食(自家製玉葱たっぷりの煮カツとサラダ・ミツバの味噌汁)の後で・・。
昼食後のコーヒーを頂きながら、さぁ~レシピの続きです

⑤中位のおにぎり大の生地を丸くして・・・麺棒で平たく円形に伸ばします
 DSC08571 (2) おーぶん用のシートで挟んでも DSC08568 (2)
写真では打ち粉に小麦粉を使いましたが モロコシ粉(ライ麦の時はライ麦粉)を使うと
仕上がりが綺麗です。
DSC08569 (2) 出来るだけ薄くのばします

ここまでくれば これから先は遊び心で 好きな形に切りましょう ○▽□ ☆・イカリマーク
 骨の形はドッグのおやつと間違えそう! 

⑥ オーブン用クッキングシートを敷いた天板に隙間なく重ならないように並べ
  余熱したオーブン(200度)で カリッとするまでやきます。(20分前後)
DSC08573 (2) 天板に並べました 

DSC08587 (3)
DSC08586 (3) スリム願望の友人多いのよ!

自家用果樹園の果物ショッピングカート

フルーツの庭ブログ

2010. 04. 08  
DSC08132 (3)


DSC08150 (2)

 甲州もろこし粉を使ったずっしりとしたパン。元のレシピはライ麦粉を使っていますが

 甘さを感じる 甲州もろこし粉のドイツパン(ドライフルーツ&ナッツたっぷり)です。

  日持ちがするので 不意のお客様に甘さ控えめのケーキ代わりにも

  ハイキングのお伴にしたら・・・アルプスの森林浴気分!

《材料》                   焼きあがり⇒DSC08128 (2) 

①甲州もろこし粉(中挽き) 200g・・・・ライ麦粉でも同じです。

②自家製酵母の中種 100g
  (ドライイースト使用の場合 強力粉 100g ドライイースト5g)

③塩 各小さじ1

④ドライフルーツ(ぶどう・イチジク・クランべりー・甘夏ピールなどお好で)
 ナッツ類(胡桃・カシューナッツなど)・・・・合わせて250~300g

⑤シナモン・ナツメグ・カルダモン等はお好みで少々

  《作り方》

1:モロコシ粉は蓋の出来る陽気に入れ 熱湯をかける。
   詳しくは おやきの作り方を 見てください。
  ライ麦の場合は其のままで使用します。

2:中種 100gを量り分けておく
  (中種がない場合:小麦粉にドライイースト・塩・砂糖を混ぜ振るっておく)

3:ドライフルーツとナッツは 細かく刻んでおく

4:①が体温より低くなったらポールにいれ、②を加え 水を少しづつ加えさっと捏ねる
  水分は多めで 泥んこ遊び程度のゆるさ(ドライフルーツ・ナッツが水分を吸うので)

5:ドライフルーツ・ナッツの刻んだ物を加え(好みでシナモンなど少し加え)
  さっくり捏ねる。

6:アルミなどの型の内面にバターを塗り ⑤を型の8分目まで入れる(あまり膨らまないので)
  DSC08277 (2) この型2個分

7:霧を吹き、ラップを被せるか濡れ布きんを掛けて、30度くらいの所に4時間おく
 (3~4月は 濡れ布きんを掛けレジ袋などに入れ日向に置く。
  冬季は 同じようにして炬燵の中に入れて膨らみが足りない時はオーブンの発酵で。)

8:オーブンを200度で30分焼く 焦げ過ぎになる場合アルミホイルをかぶせるか
  温度を下げる。
  型が大きい場合は40分から50分必要。

9:熱いうちに型から取り出し、 すっかり冷めてから切る。

 ↓写真は26㎝の大きな型で2種類一緒に 50分焼いたパーティー用です。
DSC08126 (2)
 自家製酵母の中種が いつも冷蔵庫にあると便利です。
 
 ★自家製酵母の作り方は 左のカテゴリーから見てください。     
2010. 04. 06  
DSC08226 (2)
  お腹にずっしり美味しさを感じる・・・おやき甲州もろこし粉入り

《材料》・・・わたしのは素人でも作り易い割合です。(古い体験がないので)

◎甲州もろこし粉    100g
         (ベテランになったらモロコシ粉2:小麦粉1の割合)

◎強力粉50gと薄力粉50グラム・・地粉なら100グラム(薄力粉のみでもOK)

◎塩・砂糖・サラダ油 ほんの少し
  
   ・・・・熱湯をよういして・・・さぁ!始めましょう!

《作り方》

1:蓋ができるボールに甲州もろこし粉を入れ、熱湯をかけ箸でさっと混ぜ蓋をする
DSC08210 (2) 蓋をして10分蒸らす

2:ボールに小麦粉を入れ、塩・砂糖をさっと入れ混ぜサラダ油を加える
  ①の甲州もろこし粉を加え 熱湯を少しづつ加えながら捏ねる。
DSC08211 (2) 耳たぶくらいの軟らかさに
DSC08212 (2) 手にベタベタくっつかない程度

3:適当な大きさのだんご状にします。
DSC08213 (2) 中央を抑えるようにして
DSC08214 (2)
DSC08215 (2) 中身が出ないよう丁寧に閉じる。
DSC08216 (2) 打ち粉をするとやり易い
★打ち粉:材料以外の小麦粉を手にくっつかない為にはたく程度に使うこと

4:形が整ったら 蒸し器で蒸すか たっぷりのお湯(塩少々》で湯でる。
DSC08218 (2) 数が多い時はこれ!
DSC08220 (2)
すぐに食べない分はラップに包んでチルドOR冷凍に
 
《焼き方》お好みの方法でこんがり焼く

1:フライパンにサラダ油を薄く敷き 弱火でじっくり

2:魚焼きグリルの場合、焦げない様にアルミホイルをかぶせたり工夫をして

3:オーブントースターで

DSC08224 (2)      
中身は、茄子の油味噌 キーマカレー ハムとチーズ 卯の花 きんぴら ヒジキの煮もの

豪華にするなら 海老や牡蠣のソテー 夕飯の残りのフライ・とんかつなど

残ったチャーハンや焼きそばだって、具はあなたの工夫次第です 

2010. 03. 26  
)DSC07971 (4)

DSC07974 (3) 甲州もろこし粉を使って

山梨の名物料理を作ろう~~ ちいきの活性につなげよう!

 種が途絶えようとしている 甲州もろこしを復活!させよう。

富士の国やまなしが元気になる 黄金色のレシピを試行錯誤してまとめていますよ~。

NO.1黄金パン・・・友人のアルガベリーファームさんのお知恵をお借りして

《材料 A 》
○小麦粉(薄力粉)・・・・・・・・1カップ   
○甲州もろこし粉(パウダー状)・・1.5カップ
○ベーキングパウダー・・・・・・・大さじ1強
○塩・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2/3
○砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1強

《材料 B 》
○牛乳・・・・・・・・1カップ
○たまご・・・・・・・3個(良く溶いておく)
○生クリーム・・・・・50㏄~60㏄
○無塩バター・・・・・約60g(あらかじめ溶かしておく)

   さあ! 作ってみましょう。 写真の型で3個分

①《材料A》を合わせ、古いで振るっておく。

② ①の中に牛乳・たまごを加え サックリ混ぜ 生クリームと溶かしバターを加える。

③ 良く混ざったら パウンド型に薄くバターを塗り流し込む。

④ 好みで クルミやドライフルーツ・オレンジピールなど細かく刻んだ物を
  加えても良いでしょう。

⑤ 200度のオーブンで 25分焼きました。
  膨らみ、焼き色を見ながら焼き時間を調整してください。

 
   元のレシピは アメリカ合衆国  
   オニオンスープと一緒に戴くそうです・・・なので 
   それよりも少しあっさり味にしてみました。

  次回はベースのバターを少なくしてあっさり仕上げ
    上にはたっぷりのキャルメリゼを掛けて・・・と もろこし粉の生かし方 
         
  
本場の『ローラのコーンブレッド』レシピは続~
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR