FC2ブログ
2020. 02. 16  
20200215_093241.jpg

 今度は夫のチョッキを編む。 数色の毛糸を模様に編みこむのは初めての挑戦で、まず手始めにゲージを編む。
此れは次の講座がある日までに仕上げておかなければならない~先生に確認して頂き、作図してから作品を編み始める。
20200215_093327.jpg
 模様を一段多く編んでしまったり、色を変える位置を間違えたりもあるが。。。4色の毛糸が4本も連なっているものだから、解いて又編み直すことは、まだ私には出来ない"(-""-)"

しかし、(写真の)ゲージ試作品にアロンを当てると、とっても素敵になりました~🎵。
それを観てオールドハズバンドは、ニコニコ~お洒落だネ!と、髭が白くなった顔が満足そう~(まだ形すら出来ていないのに!)

   新型肺炎国内拡散か?の不安のなか
 小雨予報の高尾山登山をキャンセルした。今は無理せず、老体を労わりながらお家で過ごすのが一番なよう。
 今日は☂
雨の日は編み物です裾の方だけ少し編み始めます。
まだ手が慣れていませんが、編み始めれば、すぐに上手に編めるようになるでしょう~(^0_0^)


2019. 12. 04  
20191204_082001.jpg
初めての輪編み

夫の帽子を編んでいる。
最初は3本の編み棒に、帽子の淵の一周分の目数を、3つに分け、残り一本の編み棒で編んでいく。
編み進んで次の棒に移る時も網目が広がり大変。編んでいる間には他の2本の棒が邪魔で大変。
初めて編み棒で輪編み・・・なかなか目が揃わない苦戦作であった、が

折り返しの二目ゴム編みに移る前に・・・輪編み用の編み輪をトーカイで購入して使ってみたら、大変さは一挙に解消されて、ザクザクと楽しく編める。

道具と云うものは、凄いものだ~\(^O^)/~❣
良い仕事は、良い道具から~(^0_0^)ネ

なんだか輪編みが気に入った。
セーターも肩を繋いだり、脇を繋がずに・・・どこにもつなぎ目のモコモコが無くすっきりと仕上がる。
作業を中断する時、邪魔な長い編み棒を上手に納める苦労をしなくとも、この輪編みは自然の形で仕舞えることも嬉しい。
登山の時に着たい、薄くてがサバらず、暖かくカラフルなセーターを輪編みで編みたいと思っている。
2019. 05. 07  
が、痴呆症予防の為に、指を使う手作業を・・・裂き布の草履づくりは出来そうだと、云うのだ・・・

偶々買い物に行ったホームセンターに、が置いてあり、その話をに話すと、「欲しい❣」と言う。

裂き布でつくる可愛い小物
20190505_151011.jpg
 夫にはあえて言わなかったが、本は半額処分品(笑)
20190505_151019.jpg

  「せっかく本を買ってもらったのだから・・・いくつか作ろう!」
   そう思ってもらわねば~直ぐに投げ出されても
   始める前に、断念されても・・・
   頑張れ~爺様❣
2019. 03. 23  
20190323_100321.jpg
あったかいベストが仕上がった
20190323_100202.jpg
肩がすっぽりかぶさるのでとても暖かい~

もう編物辞めたから~t、友が毛糸を沢山送ってくださった。
なにか編みたいと思いつつ、、、やっと自分で工夫して編める段階になった(笑)
絵具箱から取り出したような毛糸は~友人と教会のバザーに行き、そこで手に入れた。
全ての毛糸に友の温もりが感じられて~より暖かい。
鮮やかな赤系と緑系のカラーが、着てみるととってもお洒落で、元気をくれる。

 裾のかがり仕上げを教室でした・・・周りのおしゃべりも気になって、家でかがった表見頃はミスが無かったのに、裏はミスが多く"(-""-)"~編み物は孤独に楽しみたいものです(^0_0^)
老後を幸福に過ごす秘訣
1 自然
2 発酵食品
3 ウォーキング
4 昼寝(十分な睡眠)
2019. 03. 04  
■一度シンプルなセータを編み上げ~夫が気に入らなかったので~10月に解きました
そして11月から
20181117_160605.jpg 本を観て、この紳士ジャケットを編みはじめ、2月に完成しました。
冬の朝は寒いです、曇りの日も寒いです
寒い時間帯に、足元を暖かくして~四か月コツコツと編んだ嬉しい結果ですネ

3月1日から3日まで、市の施設での展示会に出品しました。
市の生涯教育の一環で、様々なサークル活動が行われていて、毎年一度開かれる展示会でした。

展示会も終わり・・・仕上げのアイロンをかけ直し
20190303_124037.jpg
20190303_123931.jpg
贈り物用に、綺麗にラッピングをして~♫

  編み物教室に通い始めて、2年目 4作目です。
我ながら、なかなかよく出来たと~(^0_0^)~思います。



プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR