FC2ブログ
2020. 02. 01  
⛄雪崩で遭難死亡が幾つか発生してしまった~2月の山

老人には遭難救助は当然できませんが、逆に救助されるのも、場合によってはロープで自分の体の重さで、肋骨骨折しかねません!
講座で学んだ遭難救助は、不慣れな仲間同士では二重遭難になり危険です!
講座で学習した、救助は初心者には実質的ではなく、目の前にそのような状況が展開しても、実践はかなり不可能。
ですから、登山は危険要因を常に排除がベターと実感です

危険の無い山は無い=全ての山に危険がある
  ★自分で登って自分で降りて来られる計画、体力、装備を持って登る。
  ★仲間は頼るためではなく、安全の為である。
 
…これが講座の目指すところであった。(主任講師の講義より)  

道迷いを防ぐ=地図とコンパス、GPS携帯
🗾 地図 🗾 

国土地理院 地図記号一覧
磁北線の引き方、早見表
磁北線の説明と引き方
国土地理院の地図の畳み方
【地図を見る目】
宇宙の視点を持って生きるのと、平面の視点だけで生きるのとでは世界観が全然違うと思ってて。山へ行くとか地図読みができるということは少なくとも俯瞰の視点を手に入れることになると思うので、人間の世界観とか生きる力においてはすごく大事な気がします。地図読みだとかGPSで位置を読むほんとの根源って、もちろん道に迷わないってこともあるんですけど、神様の視点というよりは、それくらい大きい世界、自然の中で自分たちの命があるということを意識的にも無意識的にも自覚できることかなと。

地図アプリと紙の地図の併用が望ましい
ジオグラフィカ ・現在地を知る
Geographicaの使い方、他にもYAMAP、Google等ある。
※現在地確認に使用~全てをGPSに頼るのは危険、地図・コンパスと併用

■登山計画書(届)山梨県警管轄の山
①自分に合ったグレードの山か否か? ②コースと行動時間に無理が無く、余裕が有るか? ③途中の危険個所はないか? ④必要装備、水分、食料を確認したか?等を十分検討しながら作成できるので、リーダでなくとも、リーダの意識で必ず作成して、家族にも残す習慣が大切。

誰と登るか?リーダーは適任か?は特に重要
NGのリーダー
●事前に下見をしない。同行者の能力を把握せずコースや行動時間を決め、無理な計画を立てる。遅れた仲間を置いて行く。
NGの仲間
●地図、コンパス、時計を持たず、歩行中に仲間に聞く。必要な装備を持たず仲間に頼る。自分の能力を大きく超えた山行きに参加する。

  山は遭難しないことが、一番の目標です。
2020. 01. 12  
山歩き向けの筋力、どう鍛える 疲れにくい歩き方も

令和2年の初登山は、秀麗富嶽十二景の6番目『扇山』秀麗富嶽十二景でしたが、初心者にも登れるとあって、甘く観ました (=_=)。登りの後半は息が上がり足が進まず、29名の列の中ほどで20mほどの空間を開ける羽目になり、足を攣りかけた男性2名と遅れた最終グループで、なんとか山頂にたどり着きました。
第一の原因は、年末年始の生活ぶり
第2の原因は高齢なのにこの日に限ってアミノバイタルに頼らなかったこと。

上の『山歩き向きの筋力、どう鍛える』 要点を纏めてみました。
スポーツとしての登山の大きな特徴は、登りと下りでは、足の筋肉の使われ方が違うことです。登りは脚の筋肉が縮みながら力を発揮して、体を引き上げます。下りでは、脚の筋肉が伸張しながら力を発揮して、ブレーキをかけ、着地時の衝撃を和らげているのです。
登山に重要に太ももの前の筋肉は、加齢とともに衰えてきます。特に、40代以降の衰えが顕著だそうです。
安全登山のための歩き方のポイントは
①蹴らない(登り下りともに、足首で地面を蹴らない)・・・後ろを歩く人に靴の底が見えない歩き方(服部先生の教え)
②ねじらない(腕を振って、体をねじらない)
③伸ばさない(登り下りで、ひざを伸ばしきらない)
④頭がグラグラせずに安定している(目の位置を水平に保ち、姿勢を安定させる)です。
無駄なエネルギーを使わない省エネルギーでの歩き方を心掛けると、過剰なストレスが関節や筋肉に加わらず、疲れやひざへの負担が少なくなります。

 登りでのポイントは、小股で足裏全体で地面に接地することです。一歩の高低差が小さく、使う筋力をセーブすることにつながります。また、登る姿勢は上半身を前傾させ(腰から折るのではなく)、足首を起こして、おしりと太ももの後ろの筋肉を使います。適度な前傾姿勢で登れば、ひざは伸びきらず、自然と前に落ちていく感じになります。太ももの前の筋肉は、下りのために温存できます。

日常のトレーニングでは、高低差のない平地でのウォーキングだと、山に登るための負荷が少なく、登山に対するトレーニング効果が低いのです。最も適したトレーニングは、こまめに登山をすることです。自分の体重が負荷となり、足腰の強化につながるからです。「里山でもいいので、高低差がある場所を歩くことをお薦めします。『ややきついな』と思う程度が効果的です」と服部さん。
毎日のトレーニング
①スクワット  ②蹲踞(相撲の)して踵を上げたまま30秒キープ
毎日続けると体が変わる!・・・頑張ろう。
2020. 01. 07  
野鳥の会。甲府支部の活動
やまなし野鳥の会

<野鳥調べ
2019. 12. 08  

この連載は、「体育会系」ではない「文化系」の山登りの楽しさを広めるため企画されました。「文化系の山登り」とは、山に登る時、事前にその山の歴史や文化を知ってから登る事。そうする事で、普段なら見過ごしてしまうような何気ない山の風景にも深い意味があることに気がつくでしょう。もっと山を深く楽しむために、レッツ文化系山登り!⇔クリックで記事の全文が読めます。

 がつがつ登れない私は、当然のごとく、「文科系」山登りを愉しむ事になる。
DSC_4937.jpg
朱さ濃く薄きみどりも染め上げて京の友禅纏うごとく 
DSC_4961.jpg DSC_4937.jpg DSC_4974.jpg
風雅なり武田の杜は色染めて友禅召した夢の心地よ

   ・・・日常から離れ、人生の現実から遥かな距離を置いて、遠い歴史の中に学び、山の風に詩を聞き、空の雲や山の木々に哲学を想い、辿る道の花に絵心を動かされる~「文科系登山が好き」とは言っても、山登りは自ずと肉体の鍛錬が大きく伴うのだ(笑)「体育系」を避けては登れぬから・・・一石七鳥ほどのご利益がある。・・・ああ、何と素晴らしい空間だろう・・・想い濃き古里の山有難きかな谷の風聴き登る愉しさ。。。そんな一年であった。

7日(土)登山の予定が、☂⛄の為、中止になった。
残念だが、今年はもう登山予定はないので・・・庭先の果樹園で、果樹の剪定作業で足腰を鍛える。Xmasの準備もあり、それが終わったら、塩の山でも行こうか❣ ~そんな処だ。
一年間、怪我も無く、尊い故郷の山々を歩けたことに感謝~

大菩薩ロッジ長兵衛さんの~大菩薩の今!を観て来春のバス開通(4月20日頃)を待ちましょう。それまでは低山で丸川荘
2019. 12. 02  
20191201_113310.jpg
20191201_115720.jpg~晴天にモミジの紅葉燃える秋
20191201_121753.jpg
富士山の吊るし雲と傘雲…「富士に笠雲と吊るし雲が同時に出ればほぼ間違いなく悪天の兆候です。」と、リーダも他のハイカーも口にしていたが,明ければ土砂降りの雨の日。昔から、あの雲は明日は風が強い、あの雲は明日は雨と、山梨の人は富士と雲の関係から天気を読み取り、残雪の形から農作業の日取りさえ決めるのです。
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR