FC2ブログ
2019. 06. 30  
写真で見る限り~熊は可愛い、子熊は愛らしい~♡
🐻もしも熊に遭遇したら   🐻死んだふりをしたら死ぬ
熊も鹿も確実に増えて、人間と接触する機会が増えている。

意外なことに。。。
世界で一番遭難の多い山は日本に在ったWorstワンの谷川岳 ・・・谷川岳が世界一の死者を出した山である理由は、昭和の登山ブームに乗っかった無謀登山者が多かったのが要因という訳です。
しかし今日においても谷川岳に限らず、無謀な登山を敢行する人は少なくなっても絶えることはありません。 「自分は大丈夫だと思った」「前から計画していたことで中止できなかった」「何も考えていなかった」などで遭難や事故にう。

ハイキングコースでもない限りは「登山は危険を伴うもの」と認識して、無謀登山にならないように心がけたいものです。
2019. 06. 25  
富士を観に、秀麗富嶽12景の≪牛奥雁が腹摺り山≫ ペンションすずらん荘前の登山口から登るプラン。

牛奥雁が腹摺り山
6月22日(土)に山友のNさんと訪れた、ペンションすずらん荘が素敵だったので~≪晴れたら行こう❣≫となって、
ペンションに電話して聞いた!

「登山計画書提出ポストがありますか?」。。。「あります。」
「登山道は判り易く、道迷いの危険はないですか?」「初心者でも大丈夫ですか?」と、
。。。「道は頂上まで判り易く、迷うことはありません。」とのことで (∩´∀`)∩安心。


小屋平~石丸峠~狼平~小金沢山~牛奥雁が腹摺り山~昆虫館を観ると、素敵なコースです。

片や、大菩薩嶺から北の大菩薩は~ひっそり静かな魅力
上日川峠~雷岩~大菩薩嶺~丸川荘~丸川峠を下山も、いずれ歩きますが、
先ずは牛奥雁が腹摺り山に~天気次第の計画で、スタンバイ中。

山ブログを読んでいると、大菩薩嶺やそこから南に延びる小金沢山連峰、北に延びる黒川鶏冠山は、安心な登山道のようで、度々、「単独女性とすれ違った。」の記述に出会う。
~~~山は動かない! しかもすぐ目の前にある!
Image474 (3)

愛犬のようにいつも私から離れない、手を伸ばせば触れることができる癒しの存在は、まるでホームワインのようでもある。
Home₋Mountain ふるさとの山並みが輝く
2019. 06. 22  
新ハイキング・山行カレンダー

偶然に≪新ハイキングクラブ≫という、山の雑誌から~登山倶楽部があることを知り、問い合わせると、直ぐに会報誌を送って戴けた(^^♪
充実している~安全な登山であること。「連れて行って貰う。」と云う意識でなく、自立したハイカーを目指す。山行き計画も多く、一般から強健までバラエティーに富む。
過去の出版されている雑誌も興味惹かれるものが多い。
★普段から、スクワットなどの筋力UP(標高差300mを1時間で登る)に取り組みましょう。
★下調べを入念にして、山行きにふさわしい体力・装備を整える。。。会員に求める基本姿勢も厳しいです。

単独登山は避けたい、「安心できる山岳会に入るのが良い。」と、山の達人からも勧められた。
魅力的な山を探して 参加しようと思う。
2019. 06. 16  
大菩薩 周遊コース

16日(日)友人と二人で大菩薩を予定していたのだが・・・大菩薩の天気を観ると登山指数Cmnt3.gif
来週に延期にして・・・大菩薩そのものを詳しく知る時間にした。

mnt3.gif山頂がC表示は、雨または風が強く、登山には向かないレベルだ。
今日の麓は☀、雨上がりの風(5m)が吹き抜けて気持ちが良い~海抜2000mの稜線は風速15m前後で、危険表示されていた。
日差しが強く、じりじりと肌を焦がすようで・・・低山の登りは汗だくの湿度もある暑さ。
最近は、麓の様子から山の状況も想像できるようになった。
・・・12月に登った大菩薩では、稜線歩きが危険な風も体験したから(*´Д`)

丸川峠を登って、丸川荘でランチ&名物コーヒ・・・丸川峠を下山するコースを、歩くのが夢!‥単独は?家族に心配や迷惑を掛けてもいけないしネェ~。
・・・ガイドお願いしたい。
兎に角!来週土曜か日曜日 mnt1.gif期待して!



2019. 06. 14  
🗾 地図 🗾記:2018年10月 

国土地理院 地図記号一覧
磁北線の引き方、早見表
磁北線の説明と引き方
国土地理院の地図の畳み方

ジオグラフィカ ・現在地を知る
Geographicaの使い方
新ハイキングの本 
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR