FC2ブログ
2016. 11. 08  
DSC03335.jpg
■11月6日(日曜日)
初夏からずっとお世話になったウッドデッキ屋根の日除けを取り除く作業。
 (軒先から垂らした比除けは夏じまいで、9月末に仕舞う)

いよいよ~ポカポカ太陽が有難い季節へと移り変わるので、少しづつ冬支度。
夫がウッドデッキの屋根に上り作業・・・私は下で補助をする。

・・・我々も高齢者
≪手間がかからず効率的な日除けを来年の夏までに考えよう~≫

年々、山梨の気候も変わっている~山梨ばかりか、全国的、世界的な変化なのだから~来年はどんな夏になるのか予測もできはしない。
この冬にしたって、どんな厳しさに見舞われるかも判らない。
老夫婦、協力して田舎暮らしをするしか有るまい~元気に!

北海道の友が~鮭は取れない、サンマも無い、ここに至ってすけとう鱈もスルメイカも不漁と(。>ω<。)ノ・・・海の変化は地球の環境変化の代名詞。
山梨の心配だけではすまぬようだ!

2016. 09. 18  
今年の秋は、5年に一度の白アリ駆除になる。
≪住環リファイン≫
甲府市蓬沢1-21-8 【055‐228-3372】
・・・施工の年になると声をを掛けてくださるのだ。

老犬が居るので母屋と離れとを10日以上ずらして行い、薬の匂いが無くなるまで数日間の引っ越しが必要になる。
先ずは9月に離れを、そして10月に母屋をする予定。

処が、大変なのは家の中の食料品の引っ越しばかりではないのだ、、、家屋の周辺やウッドデッキの下にも雑草が茂っている。
それをなんとかせねばならないから・・・数日かけてひたすら雑草とりを手作業でしている ~のよ。
ウッドデッキの下は私の体型と柔軟性では、屈んで作業が出来て~まぁ、良かった❤

とりあえず雨の日がつづく前に、離れの方は綺麗になったから~数日続く雨の日は~♪、久しぶりにバレエ自習をしましょう~♪
台風(16号)被害が無い事を祈りつつ!
2015. 03. 31  
プラムの受粉真っ最中の三月末日。

 「私も、そろそろ~お歳だし・・・。」
 大きくなった、なり過ぎた庭のユウカリが庭で受粉作業をしていると、目に付くのです。
DSC00781 (2) 家の方から見ると一本に見えます。

10メートルを超えていて~落雷も心配よネ、、、夫は気にならない様子
DSC00355 (2) その存在感は、碧い空に届くように
 白い雲を背景にして~素敵な迫力なのです。

DSC00780 (2)
でも、私たちもうすぐ70歳代になるのだし・・・夫は無関心。
先々のことを考えながら~相談してみようかしら?

 山梨県笛吹市八代   ㈲ 須田造園さんへメールして・・・
 庭に重機が入らにようでしたら~山梨県 峡北森林組合さんへ、ご相談しようかと。悩める婆です。

ユウカリの木には確りした枝が沢山出ていて、私でも登れます(@_@;)
でも、登って幹を切るには、足場がしっかりしていなくては私には無理・・・年寄りの冷や水を超えて、大怪我の元と云うもの!

 

夏のように暑くなった三月最後のランチ
DSC00788 (2)
DSC00786 (2)

昨日の昼食、トンカツとアスパラ肉巻きのフライ~~~沢山残って、今日は煮カツです。
犬の為に買った鯛の残って・・・私たちはスープにして菜の花を。
 残り物が多くなった老人の食事事情です(笑)
2015. 03. 28  
昨年よりも明らかに多いひよどり・・・庭に降り立つ野鳥そのものがやたらと多く冬から目についていたし~♪その姿やさえずりをたっぷり楽しんで冬の厳しさに憩いのひと時を贈られた訳なのだけれど・・・・・。

春が来て~これには困った。
DSC00747 (2)モクレン
蕾が覗くとたちまちヒヨドリが30羽以上の群れで押し寄せて来ては~毎朝、昼も・・・夕食もと、蕾はすっかり食べつくされ~私たちに華麗な幸せを見せてくれる花は、一輪も観られそうにありません。

そればかりか
DSC00752 (2)
プラムの花が咲くと~おや! 花弁がなく緑色の細い棒だけが・・・><;
美味しい果物が収穫できなくなりますよ!

ヒヨドリは貪欲、食欲旺盛なのには驚きます。
DSC00745 (2)ブロッコリー
畑のブロッコリーの冬の寒さよけを外した途端、僅か一時間もたたない内に葉っぱは食べつくされました。

こんな貪欲な鳥の大群が毎日飛来して来たら~果樹の花は食べつくされます。早速、透明の糸(防鳥用)を張りましたが効果はありません、水平にも縦に持と自在に羽を閉じたまま飛び交うヒヨドリにお手上げ。
恐れていました。
すると突然、大群の姿は消え、我が家に住みつく4羽のヒヨドリりだっけになったのです。??

どうやら Aタイプ・・・定住型 と Bタイプ・・・転勤族型とに分かれるようです。
Aタイプは我が家の庭樹に巣作りしてヒナを孵しています。
Bタイプはギャングのように集団で移動しながら荒稼ぎをするようです。

プラムの花が満開になる前に ヒヨドリギャング集団が撤退してくれて胸をなでおろしています。が、
DSC00758 (2)
 6月のサクランボと早い品種の桃の花嫁が特に狙われそうで心配です。
そして、確実に増えている野鳥・・・来年の襲来はもっと大群になるかもしれません。

★鳥獣そのものの個体数が増えているのか? なぜ増えているのか、自然界に天敵となる種が激変したためなのか?
★自然(山や雑木林など)環境の変化で自然の中で食糧が足りないのか?

・・・農作物被害に繋がる原因が判りません・・・

★過去の経験からでは今後は果物が守れなくなりそうですから、収穫の時期までに、対策を検討しなければなりませんね。
アニマルりべラ―  いろいろ悩んダリ学習したりしてみます。
2014. 11. 27  
良く降りました。
 朝、カーテンを開ける度に色濃くなる白樺の黄色~が目に浸みます。
DSC00027 (2)
 雨上がりの11月27日は更にかがやいて~黄色

休んでいた工事を再開して、27日は下地にキシラデコ―ルの2回目を塗りました。
DSC00055 (2)
DSC00049 (2)
真ん中の根太は新規に取り変えますので、新しい木材に塗ったものが奥に置いてあります。
DSC00050 (2)


床の張り替えをしない部分の床下も、下地材にキシラデコ―ル2回塗布しました。
DSC00052 (2)   DSC00053 (2) 床下
 こんなに綺麗な状態で、上に屋根もあるので生涯大丈夫そうです。
『地震が来ても、家が壊れてウッドデッキだけ残ちゃうよ~』
 御嶽山に続き熊本でも~富士山の噴火も怖い山梨県ですから・・・そんな恐ろしい冗談も跳び出します。

~~~これで下地(根太と支柱)のお手入れは完了
~~~いよいよ、新しい床材、イぺ材を張り込んでいくのですが、外出の予定があったり、お天気次第ですから、本格的な工事は数日先になりそうです。


プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR