FC2ブログ
2018. 08. 02  
暑さに耐えがたい蒸し、蒸しが加わった、酷い7月でしたが
8月も又、負けじと気温を上昇させています

以前の山梨の田舎では考えられなかった、朝からエアコンの暮らしです。


温暖化で小鳥が小さくなっている
・・・県内の友人に聞いても、何時も来ている百舌鳥も見かけない~と。
我が家でも相変わらず小鳥はほとんど姿が無く・・・ブルべりーがたわわに、枝は重そうに垂れ下がり、、、こんなに暑くては長時間は摘み取れない。
かといって夕方の摘み取り作業では、蚊が群がってきて早々に退散しなければならず・・・そんな苦労の中、

 庭の果実やブルーべり-が被害に合わない理由が~彼らが小さくなり高温から身を守る!のかも知れないと複雑な気持ちで「一理あり!」と・・・納得した。

 暑さと生姜の活用
生姜があると食欲の落ちた夏…食欲がわく=それはどうやら唾液効果のようだ。酢にも同じように唾液効果がある。
なるほど夏の食用不振には~昔から(^O^)/

口臭消しにもショウガ

我が家では乾燥生姜を作り置きして、冬は煮込み料理にも使うが、夏にもちょっと欠片を口に含んでいるのも良さそう。
特に、ハイキング中は良いかもしれない(気持ちも引き締まる)
友人は冬は風邪防止に乾燥生姜のかけらを口に含んでいるという~案外、一年中=風邪、花粉症、口臭予防、食欲増進、何にでも効果がありそう~💛
生姜は筋肉痛を軽減する

 八月、まだまだ続く厳しい暑さ。
 明日はバレエ、生姜を活用して元気に暑さを乗り越えよう。
 願わくば、小鳥にも人にも優しい環境を!
2018. 07. 09  
7月8日のこと
夕暮れまじか、やっと少し陽が陰って~桃の収穫を始めたのだが。、
白鳳の一番古参の木の元へ行くと,百舌鳥が♪~キタキタキタ!と、けたたましく騒ぎ立てる。
3~4個の桃を取ると木から早々に立ち去って…を繰り返し
北東側の枝に行くと~私を攻撃するかのようにかすめて飛んで行く・・・

我が家の住人の百舌鳥なのだが、どうやら近くの茂みに雛が居るのかも知れない。
もう怖くて
凄く大きな桃の実が赤く美味しそうに成っているのだが~( ̄д ̄)
早々に作戦を練らなければ・・・・と、桃の木から退散することに!

そして効果があったのでしょうか〰夕方遅く家の近くに来た百舌鳥と何やら判らぬ鳥語を使って語り掛けたのが良かったのでしょうか?
9日早朝の収穫時は 私の近くまで来た百舌鳥が昨日より穏やかに鳴いている。
私は安心して、今にも落ちそうな大きな桃の実を収穫出来ました~めでたしめでたし。

しかし、世の中めでたし〰とはなかなかいかないもので、
夕方になって木の下に敷き詰めた反射シートを治しに北東の枝の下へ行くと…またまた猛烈な攻撃に会ってしまった。

北東側の太い枝先にはたわわに桃の実が成っていて、そろそろ採り頃🍑
明日の収穫は、防水のレインコートと顔面ガラスのヘルメットを被って収穫しなければ~
2018. 05. 17  
孫娘が帰った翌日は・・・
  早朝の空気もしっとりとして、何となく朝食前労働に気が乗らない

ぼんやりどんよりした気持ちのまま、ぐずぐずと家の中
  ふと、窓に目をやると
2cmには満たない 細っこい体をしたカマキリ赤ちゃんが
   器用に網戸に張り付いている

網戸に伸びた足は若草色の糸よりも細く頼りない

害虫を捕獲してくれるカマキリは果樹園の仲間、私の助っ人
 今年も出て来てくれたんだ~(^^♪~うれしくなる

DSC03211.jpg
カマキリの他にも若草色をした小さな蜘蛛も花の中に住んでいる
いる
  
彼らが沢山来てくれるのを待っている
みつばちが盛んに蜜集めに、キッチンの中までやってくる
  今日も励まさながら元気に働こう~!
2018. 04. 10  
遅い午後~やっと気温も上がる
ここ数日朝が寒い~これが平年並みだろうが、温暖化に慣れた体には冷える。

爺さん婆さんでウッドデッキに出て日向ぼっこをしていると
♫ホーホけきょよョ~♪ 
すぐ脇のコニファーの茂みで鳴いているのだが、終わりの「きょよよ」に、思わず爺と婆は顔を見合わせて笑ってしまった。

鳴き声はずっと何度も続いている
ホーホケキョ・・・は一回きりで 声質は良いのだが練習不足の鶯の鳴き声が可愛い

「ほっほっホッケキョ 」 で鳴いたかと思えば・・・次は違うので、何度も爺婆は顔を見合わせてしまう。

今はサクランボが花盛り
今日は珍しく気温が上がり風もなく穏やかと云う予報
11時になったら受粉~そして午後にももう一度受粉

サクランボは何度も何度も受粉が必要で、花の蕾が開くのに順次、順次~時間のずれがあるから、毎日受粉を繰り返す。

まだこの木のサクランボを(5粒程度は食べるが)賞味したことが無い。
小鳥たちの為に受粉をしている・・・('ω')ようなものなのだ。
今年は花も多い~沢山実が着いたら、私が食べたい。

家の西側に5~6メートルに聳えるコニファーの並木は小鳥たちのお家でもあり、防風の為でもあるが、何より隣接する桃畑からの農薬飛来を防ぐ。
しかし、あまりにも高くそびえた。
今年は3m以内に切ろうと思っているが、ウッドデッキに近い数本は小鳥の鳴き声の為にこのままに(*'▽')

   そんな可愛い鶯の鳴き声でした。
2018. 03. 13  
■三月の果樹園の仕事は
膨らみ始めようとしている🌸桃の花の蕾を摘む≪摘雷≫と云う作業

小枝の先の蕾 小枝の上側の蕾を摘み取るのだが・・・・
(果物は下向きの実を育てるので、下側の蕾は大切に残す)

しかし品種によっては受粉・結実の確率の低い品種がある(我が家ではヒカワ白鳳と夏っ子、花嫁もかな?)そんな品種はs子rだの先を落とすくらいで、蕾は大目に残しておく。

3月10日を過ぎると~本当に暖かくなって。
一日2時間から4時間くらいの作業をしている・・・2〰3日間で桃の木一本のペースで、延々と開花まで続ける。
開花中は受粉の妨げになるので、受粉作業以外は花に触れることはない。結婚を静かに見守ると云うわけだ


そんな作業の嬉しい仲間は・・・野鳥たち
大きく茂ったコニファーの植え込みに集まってきては、見事な歌を聞かせてくれる。
中にはひょっこり姿を現してくれる野鳥もいて・・・

この時期の訪問者
ジュウイチ

今日沢山茂みに宿泊の野鳥は、多分サンショウクイの群れ
サンショウクイ・・・少し尾が長いのできっとこの野鳥ではないかと。

昼間はちらちらと~姿を見せていたが…どこかへ飛んで行き
夕方近くに仲間の群れと、青く澄んだ空に白い綺麗な腹を見せながら飛来して~茂みの中に姿を隠した、きっとお皆でお泊り(*'▽')♪

プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR