FC2ブログ
2019. 05. 25  
皐月の青空の元~さわやかな新緑と渓流を歩く~竜門峡ハイキング
   日川渓谷 竜門峡ハイキングコースGoalは天目温泉

一度行ってみたいと思っていたコースです。
西沢渓谷のようなダイナミックな、険しさが無く、穏やかなせせらぎは癒し空間です。
5月ですがここ数日は、7月の気温・30℃超えになっていますので…この爽やかな木陰の清流沿いは天国です。
この辺りは~新緑も、夏の涼を求めても~紅葉も素晴らしい所です。
何より危険個所の無い渓谷歩きが楽しめ、高所が苦手という、子供や高齢者には嬉しい優しさです。

そして、滝通の方から~一言で言って、良い滝!と
男滝&女滝の風景

9時半から竜門橋を渡り、渓谷添いの整備された歩き始めると、森林浴とせせらぎの世界。木の間から見える岩をよけながら流れる谷川は素晴らしい~道が優しい、谷川が優しい、そそり立つ岩さえも威圧感が無くうつくしい~・
何処も彼処も自然たっぷりのままに整備が行き届き、手すり、ロープ、幅が狭いがきちんとした橋が設置され、危険個所はない。
嬉しい渓谷。
20190525_095444.jpg

12時前にGoalの栖雲寺に到着~美しく清潔なお座敷の休憩舎で、ゆっくりとお昼を戴く。
この一帯も、歴史とロマンに溢れ、保存もされている。麗しい武田氏のゆかりの地である。

20190525_103835.jpg

うつくしい世界遺産、富士山は必ず見られる・・・山梨の山歩きは最高です。
ほとんど登山者が入り込まない竜門峡は、すれ違う人も全くなく、静まり返り、小鳥と谷川の音だけに包まれた~さわやかな道。

近年、人気の山は人人で溢れ~自然に浸るために行ったのか、人ごみに汚染されるために行ったのかわからない。
世界のエベレストさえ↓
エベレストの途切れることの無い人の列

~身近に、静かな自然深い、魅力の山岳環境がある幸せを感じる。
2019. 05. 22  
5月21日(火)
2日前には屋久島で豪雨による災害が起き~その雨が北上して、朝から激しい雨。
午後2時ころ雨が上がり・・・外仕事も出来ず、買い物が寺、山行き準備に時間を割く。

5時集合の放光寺の第二駐車場❓ 第一駐車場しか知らない。当日慌てる訳にはいかないから、現地に行き確認!
20190521_135828.jpg広い駐車場です
140号の恵林寺・信玄館の先の信号のすぐ~我が家から車で15分でした。
ついでに(何十年振りでしょう)恵林寺境内を散策して来ました。
20190521_140513.jpg
20190521_140522.jpg 人の姿も無く静かでした。
20190521_140705.jpg

そしてその足で、時計屋さんに寄り、登山用時計の調整をして頂く(難しく婆には出来ない)

7時間に及ぶ行動時間の登山は、初めての体験。
18日は山岳地図の倍寸コピーも済ませてあり、準備は十分にと思って、筋力UPと共に皹進行中。(笑)



2019. 05. 20  
イヌと登山の是非

愛犬を登山に連れて行ったことはないが、観光地的な渓谷や山のダム湖、夏のスキー場、登山口までは、夏の暑い日に涼みに連れて行った。
DSC01581 (2)
愛犬がまだ元気だったころの話なのだが…

最近では、登山中に、犬を連れた登山者に逢うことが多くなった。
私は無暗に山に犬を連れて登るのには~大反対。
中には、室内でしか飼えないごく小さな犬種であったり、リードをすごく長く伸ばし、犬の行動が他の人の迷惑だったり、中にはリードさえつけない場合にも出くわす。

犬好きな私でも、険しい山道で犬連れの登山者に合うと、ドキッとする。
飼い主にはおとなしく従順であっても、日頃と異なる環境のなか、予測できない行動をするかもしれないと思うからだ。
近くで野生動物の臭いをかぎ、犬が突然興奮することも考えられる。
また、犬の姿を見て一瞬、野生動物の出現?と、ドキッとする場合もある。
犬が居ることで危険なハプニングが起きる可能性は高い。

そして何より、可愛い愛犬が、野生動物やダニ、ヘビなどに噛まれ、手に負えない病原菌に苦しむことが起きてはいけないと・・・愛犬は登山には連れて行くことはなかった。
観光地になっている遊歩道がある西沢渓谷には、何度か一緒に行き、「登る時は先よ!」「下りる時は後から~私の前に出てはダメ!」と、は良く確りと覚えて~愉しいピクニックをしていた。
やはり、野生動物の生息する自然環境を維持するためにも、犬を連れては、遊歩道が安全に確保されたピクニックコースが限界だろうと思っている。

今はDSC05873 (2)もういない。

残された私の今は、頻繁に登山をして、何時も愛犬と散歩していた山の湖を見下ろせる、大菩薩峠から~懐かしく眺めている。
今年は何回、あの峠や稜線を歩くことができるだろうか?
此れから晩秋迄~元気に山登りを楽しもう~(^^♪

2019. 05. 13  
5月13日(月) シンビジュウムの植え替えをしました。

向山蘭園の植え替えシンビジュウムの株分け、植え替え方法を参考に作業。

毎年綺麗に咲きます・・・すぐに鉢が一杯になってしまいます。
毎年の植え替えは大変ですから2年に一度にしています。
普通の花は植え替えの時、たっぷりのお水が必要ですが、蘭は違うのですね!初めて知りました。

今年植え替えたのは黄色の花です。
20190513_123629.jpg
(写真は植え替えの為切り取って花瓶に挿した花)

 午後は桃の摘果を・・・しばらくして激しい雷雨でした。
 でも昨日のよりはマシ!
 昨日は雨かと思ったら、雹が降り、激しい雷雨になり
 キュウリの葉に穴が開くほどの雹でしたから…"(-""-)"
 
 ・・・葡萄や、果樹に被害が出ているもようです。
 こんな天候の乱れは、四月末から続いています。
 御代の移りに、天空より雷鳴が数日続いてます。
  ~国の乱れ?・・・不安を感じる轟です~

5月12日に植えた花
🌸フレンチラベンダー ハーモニー
🌸グロッソラベンダー
  甘い強い香り、耐寒性・対処性に優れる。
  夏冬以外は、置き肥。秋に半分に丈を切り詰める。
2019. 05. 12  
母の日に亡くなった母のお墓に、線香をあげて感謝の言葉を伝えに行く。
その足で、スーパーで買い物をして戻ると~~が届いていた。

次男夫婦から高級な(自分では買えない)チョコレートが届いていた。
忙しい農作業で疲れた時にと、心遣いが伝わってジンと目頭が熱くもなる。
20190512_161226.jpg

夫に見せていると、又~~長男から届き・・・
20190512_155500.jpg
うつくしいカーネーション❣見事な大きな鉢植えに胸が熱くなる。
20190512_155532.jpg昨年の花
山梨の厳しい寒さを乗り越え、芽が出て蕾が見え始めた。
これから、土を足して肥料を与え・・・株を大きく育てます。

  母らしいことが二人の息子には出来なかった後悔が
  老いとともに重くなっていく。
  息子自身の感謝と言うより、それぞれの良き妻たちの
  心遣いが大きいと思うと~嬉しい以外の言葉が無い。
  結婚は、子育てより夫の苦労が大きい
  結婚しない人生をうらやましく思うときもあるが
  息子、その妻、そして孫たちの存在は、結婚の苦労を遥かに上回る~母の日

カーネーションの育て方と挿し芽
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR