FC2ブログ
2019. 06. 25  
富士を観に、秀麗富嶽12景の≪牛奥雁が腹摺り山≫ ペンションすずらん荘苗の登山口から登るプラン。

牛奥雁が腹摺り山
6月22日(土)に訪れた、ペンションすずらん荘が素敵だったので~≪晴れたら行こう❣≫となって
ペンションに電話して聞いた!

「登山計画書提出ポストがありますか?」。。。「あります。」
「登山道は判り易く、道迷いの危険はないですか?」「初心者でも大丈夫ですか?」と、
。。。「道は頂上まで判り易く、迷うことはありません。」とのことで (∩´∀`)∩安心。


小屋平~石丸峠~狼平~小金沢山~牛奥雁が腹摺り山~昆虫館を観ると、素敵なコースです。

片や、大菩薩嶺から北の大菩薩は~ひっそり静かな魅力
上日川峠~雷岩~大菩薩嶺~丸川荘~丸川峠を下山も、いずれ歩きますが、
先ずは牛奥雁が腹摺り山に~天気次第の計画で、スタンバイ中。

山ブログを読んでいると、大菩薩嶺やそこから南に延びる小金沢山連峰、北に延びる黒川鶏冠は、安心な登山道のようで、度々、「単独女性とすれ違った。」の記述に出会う。
~~~山は動かない! しかもすぐ目の前にある山!
Image474 (3)

愛犬のようにいつも私から離れない、手を伸ばせば触れることがいつでもできる癒しの存在は、まるでホームワインのようでもある。
Home₋Mountain ふるさとの山並みが輝く
2019. 06. 24  
nikkoukisuge.jpg


雨に咲く花は、豪華な花よりも山野草のような可憐な花が良く似合う。
20190623_172254.jpgこの花をスケッチして
20190623_172247.jpgお手紙に添えましょう。
20190623_172239.jpg 好きな山野草です

もう20年近く前のこと、埼玉の奥を仕事でしたが、車で走っていた時、道端の園芸店にこの花がありました。早速購入して、以来ここに咲いています。
株も大きく良くなって、しっとりとした空気の中で、白樺の幹とも良く似合い、麗しい風情です。


雨でかわいそうなのはカーネーション(昨年の母の日の花)
20190623_172200.jpg



2019. 06. 22  
新ハイキング・山行カレンダー

偶然に≪新ハイキングクラブ≫という、山の雑誌から~登山倶楽部があることを知り、問い合わせると、直ぐに会報誌を送って戴けた(^^♪
充実している~安全な登山であること。「連れて行って貰う。」と云う意識でなく、自立したハイカーを目指す。山行き計画も多く、一般から強健までバラエティーに富む。
過去の出版されている雑誌も興味惹かれるものが多い。
★普段から、スクワットなどの筋力UP(標高差300mを1時間で登る)に取り組みましょう。
★下調べを入念にして、山行きにふさわしい体力・装備を整える。。。会員に求める基本姿勢も厳しいです。

単独登山は避けたい、「安心できる山岳会に入るのが良い。」と、山の達人からも勧められた。
魅力的な山を探して 参加しようと思う。
2019. 06. 19  
桃の木の下方の枝に🍑実はついていませんが~4月の低温や霜、連休明けの5月の落雹のことを思うと、兎にも角にも~赤い実が甘く美味しく育ったことは嬉しい。
20190620_083754.jpg

 大きな果実の木があれば~自然に実が成る!食べられる!
 そう信じて疑うことはありませんでした・・・。
 世の中、突然何が起きるか?
 それが世の中と、身に沁みて知ることになった。。。令和です。

   梅雨晴れし野の道を行く墓参り

庭の草花を摘んで、桃の実の収穫も報告しながら、父・祖父の命日の墓参り、、、生まれ故郷に暮らせる有難さです。
   🍑桃の実を捥いで贈れる朝嬉し🍑 



2019. 06. 18  
対処法

友人の登山では先輩の大ベテランが、「両足が攣って大変な思いをした。」と、

ひどく気に掛かったのは、その話を聞く前日の明け方、布団の中で脹脛が攣ったからだった!
調べてみると~筋肉もお肌で、肌がカサカサ、睡眠不足でお肌に響いている日、冷えてお肌も硬くなっている日に起きやすいようだ。

要は、お肌を温めて潤いを与え、血行を良くして、夜は熟睡し~栄養も十分に取ればよい。美容と健康は相通ずるものらしい

寝床の中で足が攣る分には、痛いだけで命に別状ないが~登山中の足の攣れは、想像を絶する困難が伴い、場合によっては命に係わる。好みでなくとも屈強な男性の居るグループで行動するのが良いが、女同士では野宿の備えを十分にするしか、茶屋・山小屋の有るハイキングコースしかない。
体調不良もあり、痙攣が強烈に来て、専用の薬を飲んでも効果が無かった。と、友人は言っていた。

山の中で怖い思いはしたくない、
歩く時間を毎日~1時間以上、スクワットを50回は基本にしよう。

老化は歯から始まる~という、
ニッコリ、明るく歯を見せて笑える余裕が心身に良いらしい。
平均寿命が延びて、あと〇十年生きることも・・・元気に動ける体が老後の幸福につながる。
プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR