2017. 03. 22  
彼岸の入りは祖父母や両親の墓参り~
帰り路、道祖神さまへ小さな花を供えて、眼下に広がる川原や山並みの風景をしみじみと眺める

DSC01627 (2)H23年
此処に住む人たち(愛犬らも)ほっくりとさせてくれる風景も少し春に変わってきた
DSC01624 (2)父が此処にいる夢を観た、母もいた・・・きっと父にも懐かしい風景なんだろう


レディーのお花
DSC03806.jpg
お彼岸だから・・・・・爺と二人でお買いもの
ちらし寿司に使う材料を、花屋に寄ってレディーのお花も買う
DSC03807.jpg
夜は、手紙を書く・・・・二男夫婦へ(長男にはメール
『国宝のあるお寺にお墓を古希の記念に用意しました。』と、
~終活のこと一つ済み~ほと息つく春彼岸~長閑です。
(古希の記念にと夫に贈った墓地の使用許可証に~老後が安心して暮らせる、良い考えだ!との反応で、良かったよかった。)

も庭のどこかでのんびりしているのか、夢の中で私にぴったり寄り添って顎を長く伸ばして座っていた。  
Image421 (2)
20日の朝の風は、東からの風だが冷たく、何時もならぼつぼつ開きだすプラムの白い花も咲いていない。
日中は暖かくとも、今年の春は遅いようだ~果樹には好都合。
Image474 (2)
春彼岸亡き人・犬も此処に来て今有る我と花ちらし寿司
2017. 03. 20  
孫娘が贈ってくれた金沢土産
バイ貝は軽い味付けで煮て・・・ずっしり奥まで詰まった美味しい貝に~堪能。

DSC03779.jpg
のどくろのお刺身は・・・おいしい!
 刺身をあまり好まないが、おいしい! おいしい!と連発しながら・・・それほどのどくろは刺身にすると美味しい。

DSC03780 (3)
は、子持ちの甘エビに目が無い~あまくとろり~。

がメールで「今度はおじいちゃんおばあちゃんと一緒に行きたい!」と、嬉しい事を言ってくれた~❤
こんなに美味しいんだから・・・絶対行きたいわネ!

明日も又刺身にしてと言うので~
★のどぐろレシピ・・・①刺身 ②塩焼き ③煮付けの順だそうです。
塩焼きも捨てがたいけれど、北陸へ旅行するまでお預けにして( ̄^ ̄)ゞ

爺のご要望どうり・・・≪天狗舞≫でまたお刺身コースを愉しみましょう♪
DSC03787.jpg
DSC03785.jpg
DSC03784.jpg
DSC03788.jpg
のどくろ~皮つきも、皮なしも美味しい~♪
婆の腕では、繊細な高級魚の湯引きもバ―ナ-で炙りも出来かねるから・・・。でも、これで大満足の美味しさ**お酒良く合う~人工孵化したノドグロを放流のニュースを見て~益々(^∇^)ノ♪

 Aちゃん、本当にご馳走様~孫にご馳走になれる幸福
2017. 03. 18  
散歩がてらのお買い物から戻ると、good timing~、宅急便が届く。
発砲スチロールの箱を抱えた配達員に・・・怪訝?はて、何方から。直に脳裏に浮かぶ~

・・・お!孫娘が金沢へ旅行中・・・
まぁ~、なんと、優しい孫娘なんでしょう~ururu
今日のお昼カツカレーにして! ・・・と言っていたが
とんでもない・・・早速熱々ご飯 焚かなければ~!

春色~DSC03774.jpg
箱の中から次々に・・・・
2017. 03. 16  
庭の梅、白もピンクも咲き誇り・・・彼岸も間近い

❤お彼岸が過ぎたらレディーのお墓を作ろうね。と
 お墓の周りは花壇にして・・・お花を買うついでにお花屋さんの花を観て歩く。
・・・まだ路地に植えるのは早いですよ。(4月になれば大丈夫かな?)

DSC03772.jpg
白いお花ばかりだったレディーのお花も
この頃はピンクのお花が増えて・・・愉しそうな色どり

 最近では
「レディーはこの空気の中に、すぐ近くにいる。」そう確信しているから、少し寂しいけれど大丈夫(私の保護者はいる)そんな安心感に包まれている。

DSC03771.jpg今日のご飯、マスタードが多過ぎるよネェ~。私と同じものを・・・だから犬の体には悪いけれど、きっとドッグフードより美味!と思っているかもしれないワン大人ですから

24年の写真
DSC03198 (2)風呂上がりはひとしきり暴れて・・・そのあとやっと神妙
DSC03246 (2)お尻!マダムの頃
DSC03257 (2)お腹がきゅっと締まり脚は長くスタイル良くって、何時も私は羨ましかった。
DSC04458 (2)
 今は、何処から観てるかな? ・・・こんな風に
Image319 (3) ufu<<<<<....n





2017. 03. 14  
DSC03759.jpg
DSC03761.jpg
DSC03762.jpg
   国宝のあるこのお寺にご縁を頂いた。
   余生を終えたその後は・・・・・
緑色の桜が咲くこの寺で~と。DSC03767.jpg

プロフィール

レディー

Author:レディー
メタボだったパパは、山梨の自然の中で土に触れ果樹に触れ健康をとりもどし、 夫の健康を気づかうママは・・・ヘルシークッキングの野菜も作りながら食の安全・健康農業を紹介しています。

果樹園にそよぐ風に癒されながら『緑の農地を少しづつ一人一人が守る、緑の日本』を夢見ています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR